理事長ブログ
Junior Chamber International Fukuoka

2010年度理事長チーム

2017.02.08

2月8日、公務は久しぶりに何もありませんでしたが、18時より2010年度理事長である大山哲寿先輩の誕生日会に参加させて頂きました。その当時、私自身入会3年目、色々なご縁の中で同期入会の原田良委員長とともに、理事長セクレタリーという役目をさせて頂き2009年の夏から約一年半もの間、2010年度理事長チームの一員として多くの機会や学びを頂きました。思い起こすと当時は私も歴が浅く、はじめての経験ばかりで理事長チームの皆様にご迷惑をおかけした事も多々ありました。そのことを考えると今年度私のセクレタリーをしてくれている島居百年君、中原壮一朗君、水崎浩二君の3人は本当に良くやってくれています。

この年以来、理事長チームは大山先輩と当時専務理事であり2013年度理事長である田川幸平先輩を中心に、今でも年に数回、理事長チームで集まって食事会や旅行など、変わらず交流させて頂いています。2008年に入会し、今年卒業する10年間のJC活動において、多くの先輩方や仲間との出会いや機会を頂いた中でも、この2010年は特に貴重であり、濃密な一年だったと思っております。そしてこの年は理事長と専務をお見送りした後に、当時事務局長だった具島秀男先輩や当時常務理事だった金子孝行先輩のご配慮の下、一番良くお酒を飲ませて頂いた年でもありました。

2017年度の理事長チームでもこのような末永い付き合いができることを楽しみにしています。そして私自身がそうさせて頂いたように、先ほど紹介した3人のセクレタリーはもちろん、今年度常務理事を務めてくれている山口剛弘君、髙木正太郎君はこれからの福岡JCの一翼を担う大切な人材です。だからこそ、この1年を通じて、今後に残る経験や学びを、一つでも多く得て頂きたいと思っています。

鈴木 大輔