理事長ブログ
Junior Chamber International Fukuoka

3月度理事会

2017.03.06

6日(月)19時より、2017年3月度理事会が電気ビル共創館3階会議室にて、新福委員長はじめとする総務委員会の設営により開催されました。

今月は3つの協議議案と1つの討議議案が上程されました。協議議案は3議案中2議案が2クール目だったこともあり、上程議案に対して先月にも増して理事会構成メンバー各々が積極的に手を挙げ多くの意見や質問が飛び交い、大変熱のこもった議論が約2時間に渡り繰り広げられました。というのも福岡JCでは事業議案を審議する際、3か月(3クール)かけて審議します。ですので、2クール目というのは最終3か月目の審議クールに入る前の重要な局面であり、最も議案が磨かれるべき期間ともいえるのです。

協議議案終了後には、討議議案である2017年1月入会者によるところてん事業議案が、多くの同期会メンバーが後ろで見守る中、同期会名「MR.GRIT」同期会長兼ところてん実行委員長の石坂泰三君により上程されました。(ところてん事業とは新入会員が、入会1周年を迎える会員のお祝いの場を設える福岡JC伝統の事業です。)石坂実行委員長に対し、こちらも協議議案と同様多くの理事会構成メンバーから温かくも厳しい意見や質問、そして叱咤激励もあった中で討議が終了致しました。

「MR.GRIT」の皆様はここ数か月間、議案作成等非常に大変だったと思います。お疲れ様でした。そして今から事業の準備に取り掛かっていくと思いますが、この期間で培った同期会同士の絆やこの日を迎えるまでに支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れることなく、ところてん事業成功のために同期会が一丸となって頑張って頂きたいと思います。

鈴木 大輔