インタビュー

vol.01

株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー
博多華丸・大吉

  • 福岡出身

これからの若い世代が福岡に何を持ってきてくれるのかが僕たちの楽しみです

福岡を離れてみて初めて分かる福岡の魅力

Q まずは、華丸大吉のお二人にとって福岡の一番の魅力は何ですか?

(大吉)これは難しい質問が来ましたよ。華丸さんはどうですか?

(華丸)そうやね〜。ちょうどいい。熱くもなく、ぬるくも無くちょうどいいとこやないかな。

(大吉)よく言われているのが、都会でもあり田舎でもある、海もあるけど山もある。バランスがとてもいいですよね。

(華丸)女の子も可愛らしいのに接しやすい。何かしら奇をてらっていない所も魅力ですね。

(大吉)我々、福岡から東京に出て10年経ったんですが、他所に出たら余計わかりましたよ。福岡の良さ。

(華丸)春菊など、野菜が素晴らしい。

(大吉)お、唐突にお野菜の話ですか。(笑)

(華丸)要は福岡の大地がどれだけ恵まれているかというのが、外に出てみて初めて分かるってことですよ。

(大吉)なるほど!

 

Q では、福岡の良い文化はどういう所だと思いますか?

(大吉)福岡の人はおもてなし精神が基本にあるよね。

(華丸)県外のどなたとお会いしても「福岡は良いところですね〜!」と言われますもん。

(大吉)ただ、周りの方から「(福岡の人は)仲間意識が強すぎる」と言われることもありますね。

(華丸)出身中学や高校の名前聞いたり、実際にかぶってなくても先輩後輩の仲間意識がある所とかね。出身中学や高校の名前を聞くのは福岡ぐらいのもんですよ。

(大吉)他の都道府県の方はあまり聞かないですよね。

(華丸)あと、何かあったらすぐ同窓会開きたがるのは福岡だけらしいですよ。(笑)

 

Q 華丸大吉のお二人は東京進出されて10年ということですが、外から見た福岡はどんな所ですか?

(大吉)これはクレームになるかもしれませんが、(他県の方に)「福岡の人は恩着せがましい。」と言われますね。(笑)

(華丸)おもてなしもするけど、おもてなしたらしたで「どう?おいしかろ?どげん?」「どう?海きれいかろ?」とか言ってしまうもんね。

(大吉)福岡の人って自慢の場所や物を紹介するとすぐに「どう?どう?どう?」と聞きたがるじゃないですか。最初はそれも心地いいらしいですけど、何度も聞かれると途中から困るらしいんですって。

(華丸)分かっとても言ってしまうんですよね。

(大吉)そうそう。(笑)

 

福岡には魅力的なスポーツ文化が根付いている

Q 福岡のスポーツ文化についてはどのように思いますか?

(大吉)僕たちの子供の頃には、ライオンズも去ってましたね。

(華丸)ちょうどダイエーが来た頃に僕たち福岡吉本に入ったんですね。

(大吉)その時はまだ、アビスパ福岡もなくて、ちょうどJCの先輩がサッカーの誘致活動をされているときに我々も署名などをさせて頂きました。非常に一生懸命にやられていて、その時は「福岡にサッカーの文化なんて根付くのかな?」と思っていましたが、今はこうしてしっかり地元の人たちに愛されるチームになりましたもんね。福岡のスポーツと言えば、ホークスあり、アビスパあり、ギラヴァンツもあるし、バスケもあるし。スポーツで共通の話題があるからいいですよね。

 

 

僕が期待しているのは、これからの若い人が福岡に何をもたらしてくれるのかということ

Q 我々福岡JCに何かして欲しい、繋いで欲しいことはありますか?

(大吉)人間ドックに行って欲しいとか、個人的にありますけど。(笑)そういう事ではありませんよね?若者に向けてなら、我々48歳ならまだ入れるんですかね?

(スタッフ確認⇒「40歳までです。」)

(華丸)40歳までなら我々は入れんね。ライオンズクラブ行くしかないばい。

(スタッフ)(笑)

(大吉)僕が期待している事は、「最近の若者は元気がない」とかよく聞くけど、全然そんなことが無いと思うんですよね。言わしてもらえば、昔はホークス無かったしアビスパも無かったし、今はあるやん。

(華丸)しかも昔のホークス弱かったしね。今は強くなったから。

(大吉)「俺たちはホークス持ってきたけん、お前たちもなんか持って来い!」って言われましても困っちゃうでしょう。(笑)その代わり、若い人達や次世代の人達が、大きなゲームの大会開催したり、たくさん呼んでるんでしょ。ゲーム大会の開催とかバラエティー系のイベントとか。やっぱりそういう発想は若い人じゃないと出来ないですよね。

 

Q 最後に福岡JCメンバーや若者に対して何かお二人からのメッセージはありますか?

(大吉)僕らの一個上の世代がホークスというプロの球団を持ってきて、今の世代がITを持ってきているから、次の世代が福岡に何を持ってきてくれるのかが、とても楽しみですよね。

(華丸)我々48歳は同級生が多いんですよ。もうすぐ50や60歳になる。これを支えるのが大変ばい。皆さん、今すぐ福岡から出て行ってください。今後が心配になりますよ。(笑)僕たちみたいな元気な年寄りが増えるのでね、それの対策も大変だと思いますよ〜。

(大吉)それは大変ですけど、皆さん福岡から離れないでくださいね。(笑)今思ったんですが、その世代その世代でやれる事って必ずあるはずなんですよね。そして、若い人達って今僕たちの世代で想像もつかないことをやってくれる世代だと思うので、そこはすごい勝手に期待しています。

(華丸)もう我々の役目は終わりました。これからは皆さんの時代ですから。我々に新しい事を求めてもそんなに何も出ませんからね。出がらしですからね。(笑うす~いお茶が出るぐらいですから。

(大吉)(笑)新緑の若い皆さんに乞うご期待ということで。

(華丸)これからの福岡をよろしくお願いします!!

この記事が誰かに話したい内容でしたら
是非シェアしてください!