2018年01月24日
  • 第66代理事長 田島敬悟

京都会議

1/19(金)~1/21(日)まで、京都の地で開催されている京都会議に参加してきました。
京都会議は、毎年1月にその年度の最初の大きなイベントとして日本青年会議所主催で開催されているものです。
私も入会以来、何度も京都会議へは参加してきましたが、今年は理事長として参加させて頂き、また理事長チームもLOMナイト設営もあり中々ハードな京都会議となりました。

 

1日目の1/19は、朝の新幹線で博多を出発、昼前には京都に到着し、彌登専務おすすめの現存する日本最古のお蕎麦屋さんである「尾張屋 本店」にておいしいお蕎麦をいただきました。
 その後、京都国際会館にて、太田出向理事をはじめとする日本JCに出向してくれているメンバーを訪問し、お祝いのお酒を渡しに回りました。
出向者の皆様におかれましては、福岡JCを代表しているんだという自覚と自信をもって積極的に委員会活動を行ってもらえることを期待しています。頑張ってください。
その後は、九州地区協議会の会員会議所会議、九州コンファレンス天草大会主管契約書締結式、九州地区ナイト(瀬戸山出向理事、設営お疲れ様でした。)に参加した後、松山政司歴代の国境なき奉仕団の会合への訪問し、そこから富永太郎歴代や山下先輩、茶道部会のメンバーのもとへお邪魔させていただき、おいしい焼肉を食べ、理事長チームにてラーメンで締めて、盛りだくさんだった1日目は終了しました。
  
 2日目の1/20はお昼まで時間があったので、樂美術館を訪問しました。樂美術館は樂焼窯元の樂家の歴代の作品を展示しているところで、樂焼450年の素晴らしい歴史、伝統、そして技術を感じることができました。
 本年度は匠の技推進委員会を設置しておりますが、このような素晴らしい伝統や技術をしっかりと伝え広められる事業をしてくれることを期待しております。
お昼からは日本青年会議所第156回総会に参加をし、夜は福岡JCロムナイトが開催されました。
ロムナイトは理事長チームにて設営をさせていただき、色々と行き届かない点もあったかとは思いますが、遠い京都の地にもかかわらず130名近いご参加をいただき、多くのメンバーを引き連れてきてくれた委員長、そして何より参加してくれメンバーの皆様に厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 LOMナイト後は執行部で毎年お世話になっているお茶屋枡梅に行きました。
私が理事長セクレタリーをしていたときからお世話になっていまして、普段経験できない伝統文化を学ぶことができました。せっかくのご縁ですので来年以降も執行部の方には是非経験して頂きたいと思います。

最終日の1/21は朝から新年式典に参加し、2018年度池田会頭の所信を聞いてきました。
「すべてに感謝をする」ということを池田会頭も言われておりましたが、JC活動を行ううえで、会社、家族、そして同じJCメンバーにも感謝の気持ちを忘れずに皆様、1年間JC活動にまい進していただきたいと思います。

皆様、京都会議お疲れ様でした。

この記事が誰かに話したい内容でしたら
是非シェアしてください!